廃バッテリーを買取に出すタイミングとは|東京のバッテリー買取ならお任せ下さい。

廃バッテリー買取センター
電話番号
  • faq
Q

廃バッテリーを買取に出すタイミングとは

質問 2年前に新卒で入社した会社が倒産してしまいました。運転免許証以外の資格を持っていなくて、30歳を過ぎていて一般的な営業職の経験しかなかったので、収入面で前と同じような条件で転職することはできませんでした。
以前はそれなりの給料をもらえていたので、車も新車で購入して休みの日には趣味であるドライブを楽しんでいました。しかし、今の会社には正社員として雇用してもらえましたが、収入は前の6割程度となり、都内に住んでいるので家賃の負担も大きくなって、マンションから家賃が安いアパートに引越ししました。
車も会社が倒産したときに売却して、しばらくは所有していませんでしたが、ないといろいろ不便なので安い中古車を購入しました。
以前は車のメンテナンスはお金を気にせずディラーでしてもらっていましたが、今後はできることは自分でしようと思っています。今も条件の良い転職先を探して転職活動は続けていますが、正社員になることだけでも難しいようだし、高収入をもらえるような職場は全く見つかっていません。
周りの友達からいろいろな節約法を聞いていると、車のバッテリーを買取してもらえるという情報を得たのですが、廃バッテリーを買取に出すタイミングについて教えて欲しいです。
情報をもらった車好きの友人から、バッテリーを買取に出すときには、車庫にある自分が交換した複数の廃バッテリーを一緒に持っていけばよいと言ってもらえました。
廃バッテリーの買取相場や、買取業者の選び方なども教えてもらえるとありがたいので、ご回答お待ちしております。
  • yajirusi
A

買取のタイミングは新品のバッテリーにしてから2〜3年後です

バッテリーを買取に出すタイミングは、車の使用状況によっても異なりますが、新品のバッテリーにしてから2〜3年後が目安です。
廃バッテリーを買取してもらえるのは、そこに鉛などのリサイクル資源が含まれているからです。鉛には金や銀のように相場があって日々変化していますが、2023年時点の廃バッテリーの買取相場は1sあたり100円前後です。
そのため、廃バッテリーが複数あるからといって、急いで買取に出すことはそれほど有効な手段ではありません。それよりも、定期的にテスターでバッテリーの電圧を測定して状態を把握しながら、なるべくバッテリーを消費しない車の乗り方をするよう心がけましょう。
廃バッテリー買取業者の中には悪質な業者も存在しているので、ネットなどで口コミや評判を確認して、信頼できる業者を選択して取引してください。
ご相談は無料となっております。是非ご利用ください。

PageTop

フリーダイヤルは地域専用着信ダイヤルとなっていますので地域から外れている場所からの発信はできません。
申し訳ございませんが、フリーダイヤルがご利用になれないお客様は048-796-0883へおかけ下さい。