専門の買取店で廃バッテリーが高く売れる理由とは|東京のバッテリー買取ならお任せ下さい。

廃バッテリー買取センター

faq

Q

専門の買取店で廃バッテリーが高く売れる理由とは

質問 これまでは廃バッテリーは昔から取引している廃品回収業者に引き取ってもらってきました。
仕事柄他にも使用できないタイヤを含めていろいろな種類の廃材を回収してもらっていますが、廃バッテリーには再利用できるということで1個につき十円以上の値を付けてもらえて、他にもホイール付きのタイヤなどにも同じように値を付けてもらえるので、それらの分を回収費用から差し引いた金額を毎月支払っています。
この取引にこれまで不満はなく、今後も継続しようとしていたところに、知り合いから廃バッテリーを十円以上ではなく物によっては1個数百円で買取してくれて、さらに買取時には無料で不用品を回収してくれるサービスを提供している業者があると聞きました。廃バッテリー専門の買取店だからそれができると聞きましたが、他で数十円にしかならないものがどうしてその何倍もの値で買取することができるのでしょうか?
何か怪しいルートにでも流しているということでしょうか?不安を払拭できればぜひ取引したいと思っているので、この疑問を解決して欲しいです。

yajirusi

A

資源不足の中廃バッテリーの需要が高まっています

1個十円以上ではなく数百円の値が付くケースもあるのは、廃バッテリーにそれだけの価値があるからです。
廃バッテリーには資源原材料である鉛やプラスチックが使用されていて、鉛は商品先物にも登録されており、商品相場が存在し常に価格が変動しています。以前はかなり価格が安い時期もありましたが、資源不足の中で鉛の価格は高騰しているため、バッテリーによって1個数百円もの値が付くのはごく一般的なことなのです。
今後のことは分かりませんが、現在は廃バッテリーが高く売れる時代であることは業界では周知されています。
昔から付き合いがある場合は、今でも無料回収や1個十円などの安価で廃バッテリーを引取りしてもらっているようなケースも多く見られます。それがいけないわけではありませんが、廃バッテリーの価値が高まっているのに、それをきちんと説明しないで価格の見直しを一度もしないで取引を継続しているような業者とは、果たしてこのまま取引を続けて良いか一度よく考えてみるべき価値があると思います。
特に毎月数多くの廃バッテリーを回収してもらっているなら、このまま同じ取引を継続しているとかなりの損をすることになってしまうことは疑いようのない事実です。
ご相談は無料となっております。是非ご利用ください。

PageTop