東京のバッテリー買取ならお任せ下さい。

廃バッテリー買取センター

東京のバッテリー買取【ポイントとFAQ】

東京でバッテリー買取を出張で行っているのが私たちの会社です。幅広い地域を回収エリアとしているため、不用なバッテリーがあるならばお気軽にご利用いただけます。出張買取を専門としているため、持込による買取は行っていません。相談していただければ、すぐにスタッフが現地まで伺って、バッテリーの買取に対応します。買取できるバッテリーは自動車用に限定していません。バイク用や工業用、フォークリフト用などのバッテリーにも幅広く対応しているのが特徴です。ただし、アル

バッテリー買取 東京

カリバッテリーについては買取対象外となります。使えない状態のバッテリーであっても、資源原材料として買取することができるため、問題なく対応できます。たとえ、ケースが割れていて、なかの液が漏れ出していたとしても、買取することは可能です。バッテリーが部屋にあって運び出して欲しいといった要望にもきちんと応えることができます。バッテリーはダンボールのなかに入ったままの状態でも構いません。定期的にバッテリーの回収に伺うこともできるため、法人様から喜ばれています。バッテリー買取に関して、何か疑問や要望があるならば、気軽に風間商事(廃バッテリー買取センター)までお問い合わせください。

01廃バッテリー買取専門店とは

自動車やバイクなどの使用できなくなった廃バッテリーを、現金で買取してくれるのが「廃バッテリー買取専門店」です。
新品やまだ使用可能なバッテリーでも買取してもらうことは可能ですが、廃バッテリーを専門に買取しているお店では、あくまでもバッテリーの原材料である鉛を手に入れる目的で営業しているので、その場合はリサイクルショップなどを利用しましょう。
廃バッテリー買取専門店は、お店によっても買取方法が異なりますが、重くて運ぶのが大変なことを承知して、出張買取にも無料で対応している業者が多く見られます。
ガソリンスタンドや中古車販売店や自動車修理工場など、一度に大量のバッテリーを買取してもらいたい企業などでは、1個当たりの単価はそれほど高くはないとしても、まとめて買取してもらうことによりまとまったお金を現金で受け取ることができます。
廃バッテリーを正規のルートで業者に処分してもらえばそれなりの費用がかかってしまいますが、買取店を利用すれば大幅な経費削減を実現できます。
廃バッテリー買取専門店でも、使用できなくなったアルミホイールの買取に対応していたり、その他のサービスを提供していたりするお店もあるので、自分にとって最も魅力的なお店を選択することをおすすめします。

FAQ一覧

PageTop