バッテリーを買取に出すべきタイミングとは|東京のバッテリー買取ならお任せ下さい。

廃バッテリー買取センター
電話番号
  • faq
Q

バッテリーを買取に出すべきタイミングとは

質問 先日車好きの友達から、車のバッテリーは本来の目的で使用できなくなっても買取してもらえることを聞きました。
車の運転歴が長いので、これまで何度も使用できなくなったバッテリーはガソリンスタントで交換してもらってそのまま引き取ってもらっていたので、今後は廃バッテリーを持ち帰ろうと思っています。
いつもギリギリまで使用して車が動かなくなって酷い目に遭っているのですが、バッテリーを買取に出すべきベストなタイミングについて教えてください。それと、バッテリーを少しでも長持ちさせる方法があれば、それも併せて教えてもらえるとありがたいので、ご回答お待ちしております。
  • yajirusi
A

エンジンがかかりにくくなったら交換のタイミングです

車のバッテリーは、エンジンがかかりにくくなったときが交換のタイミングと覚えておきましょう。この状態だとすでにバッテリーが劣化している可能性が高いです。他の原因も考えられますが、カーバッテリーの寿命が十分に残っているならエンジンはすぐにかかります。
いずれにしても、エンジンのかかりが悪い状態ならどこかに異常があるので、早急にガソリンスタントや修理工場などで点検してもらいましょう。
走行中にライトが暗くなったりパワーウインドウがスムーズに動かなくなったりしたときも、バッテリーが寿命を迎えている可能性が高いです。普段よりも道を暗く感じたりライトの明るさに違和感を覚えたりしたときも、早めに点検してもらうことをおすすめします。
アイドリングを長めに行うことでも、バッテリーの寿命を延ばすことにつながります。普段から意識的に行うことで、バッテリーを長く使用できる可能性が高まります。
夜間走行を極力控えるようにすることでもバッテリーの負担を軽減させて、バッテリーを長持ちさせることになります。夜間走行をしても、ライトをこまめに消すことを意識するのも効果的です。
たまにしか運転しないという方は、運転の機会を定期的に設けることでも、バッテリーの寿命を延ばすことにつながります。長期間車のエンジンをかけなかったりいつも短い距離しか運転しなかったりなどの使い方では、バッテリーの寿命を縮めることになります。
運転の機会が少ないとバッテリーを充電する時間が減って放電時間が長くなり、そうなるとバッテリー上がりを引き起こす可能性を高めてしまいます。
バッテリーをこまめに点検することも、バッテリーを長持ちさせる秘訣です。
ご相談は無料となっております。是非ご利用ください。

PageTop

フリーダイヤルは地域専用着信ダイヤルとなっていますので地域から外れている場所からの発信はできません。
申し訳ございませんが、フリーダイヤルがご利用になれないお客様は048-796-0883へおかけ下さい。