バッテリーを処分するときのタイミングと処分方法は?|東京のバッテリー買取ならお任せ下さい。

廃バッテリー買取センター

FAQ

Q

バッテリーを処分するときのタイミングと東京での処分方法は?

質問 昨年はじめてマイカーを購入して、休日にはドライブを楽しんでいます。
運転に慣れてきたらマイカーでの通勤も考えていますが、まだ給料も安く東京は私が生まれた田舎に比べて驚くほど駐車料金が高いので、それもネックとなってまだまだ車通勤の夢は果たせそうにありません。
車を運転することは大好きで、休日はできるだけドライブに出かけたいですが、やはりどこかに車を停めると高い費用がかかるので、どうしても気軽に車を運転できません。
少し愚痴ってしまいましたが、質問はバッテリーを交換するタイミングはいつかということです。
最近エンジンのかかりが悪いような気がしているので、そろそろ替え時かもしれないと思っているのですが、具体的な交換タイミングが分かる症状はありますか?
それと、古いバッテリーを処分するにはどうすれば良いかも教えてください。よろしくお願いいたします。

矢印

A

エンジンのかかりが悪いなら交換のタイミングです

最近エンジンのかかりが悪くなっていると言うことなら、バッテリーの交換時期が迫っていると考えた方が良いと思います。
バッテリーの寿命は、走行距離や種類などによっても異なりますが、一般的には2〜3年程度とされています。
カーバッテリーの寿命が近づいてくると、エンジンのかかりが悪くなったり、車を運転している最中にライトが暗くなったり、パワーウインドウの動きが鈍くなったりなどの症状が現れます。
これらの症状が出てもバッテリーを充電すれば元に戻りますが、充電しても症状が改善しない、またはすぐに再び症状が現れたら早めにバッテリーを交換することをおすすめします。
古いバッテリーをそのまま使用していると、走行ができなくなり大きなトラブルに発展する可能性を高めてしまいます。不安な場合は、ガソリンスタンドなどでバッテリーの状態を確認してもらいましょう。
古いバッテリーは、新しいバッテリーを購入したガソリンスタンドやカーショップやディラーなどで引き取ってくれます。
引取りは無料でしてもらえる場合がほとんどですが、店舗によっては処分費用を徴収されることもあります。
廃バッテリーの中にはお金に変わる鉛などの資源が含まれているので、処分費用がかかるくらいなら、専門業者に買取に出すことをおすすめします。
自分でバッテリーを交換した場合もゴミとして処分は難しいので、買取店を利用しましょう。

PageTop