車のバッテリーの寿命はどのくらいですか?|埼玉のバッテリー買取ならお任せ下さい。

廃バッテリー買取センター

faq

Q

車のバッテリーの寿命はどのくらいですか?

質問 埼玉在住で、休みの日にはほとんど毎回ドライブに行っている者ですが、車のバッテリーの寿命はどのくらいですか?
私は休日には車を使用しますが、平日は電車通勤しているのでほとんど車を動かしていません。
マイカーは新車で購入して、これまで一度も故障したことはありませんが、車検を2度通したので、そろそろ故障などの不具合が起きる頃だと思っています。
バッテリーは車検のときに交換したかもしれませんが、はっきり覚えていなくて、自分で交換したことはありません。バッテリーの寿命が近づくと車に起きる異変などがあればそれも教えて欲しいです。

矢印

A

バッテリーの寿命は一般的に2〜3年と言われています

カーバッテリーの寿命は、車の運転の仕方や使用頻度などのよって変わりますが、大体2〜3年と言われています。車にあまり乗っていない方が寿命は長くなると思っている人が多いようですが、実はバッテリーは運転することにより充電されるため、毎日動かした方が長持ちする傾向にあります。
ただし、頻繁にエンジンをかけていると、寿命が縮んでしまうこともあるので、そのような車の乗り方をしている方は、バッテリーチェックも頻繁に行うことをおすすめします。
バッテリーの寿命が近づいてくるといろいろな症状が現れますが、セルモーターを回したときに勢いが感じられなくなるのがその代表的な例です。
バッテリーが元気なら、セルを回すと勢いよくエンジンがかかります。明らかに弱弱しい場合は、バッテリーの交換時期だと考えて、自分でできない場合はガソリンスタンドやディラーや修理工場などに持ち込んでチェックしてもらいましょう。
あまりにもエンジンの勢いが弱いと、突然バッテリー切れで走行不能になってしまうかもしれません。
車のライトやワイパーやパワーウィンドなども全てバッテリーを電源としているので、ライトがいつもよりも暗かったり、ワイパーに勢いがなかったり、窓を開閉するスピードが遅かったりする場合も、早めにバッテリーチェックを実施してください。
バッテリーの交換時期が近づいてくると、走行中にバッテリー上がりを起こしやすくなります。バッテリーケーブルがあれば他の車につないでエンジンを再起動させることも可能ですが、先程記載したように末期を迎えると、ケーブルでつないでもエンジンがからなくなり、走行不能となってしまいます。

PageTop