埼玉のバッテリー買取ならお任せ下さい。

廃バッテリー買取センター

埼玉のバッテリー買取【ポイントとFAQ】

私たちは埼玉でバッテリー買取のサービスを行っています。個人向けだけではなく企業向けにも買取を実施しています。出張買取を専門に行っているため、自分たちでわざわざバッテリーを運ぶ必要はありません。私たちのスタッフが直接伺って、その場で査定から買取にまで対応します。また、バッテリーの買取だけではなく不用品の無料回収まで行っているため、不用なものがあればいつでも任せてください。自動車のバッテリーは古いものを交換すれば、使わないものが出てきてしまいます。

バッテリー買取 埼玉

ゴミとして捨てるのも難しく、どうすればいいのか持て余していることは多いでしょう。自動車用のバッテリーだけではなく、私たちはトラック用やバス用、船舶用といったバッテリーの回収にも対応することができます。買取したバッテリーについては、鉛の原材料として用いることが可能です。そのため、傷がついていたり、使えない状態だったりしても、問題なく買取ができます。また、バッテリーに加えてアルミホイールの買取にも対応しているのが特徴です。相談には無料で対応しています。バッテリーの買取に興味があるならば、いつでもお問い合わせください。風間商事(廃バッテリー買取センター)が迅速に対応します。

01自動車バッテリーの買取とは

自動車バッテリーの買取とは、古くなって本来の目的では使用できなくなったバッテリーを買取することです。
新品やまだ使えるバッテリーにも当然のごとく価値がありますが、すでに使用できなくなった廃バッテリーを買取する意味は、バッテリーに含まれている鉛を回収して、再生鉛として利用できるからです。
したがって、本来の目的で再利用できるバッテリーと廃バッテリーの買取価格は大きく異なり、廃バッテリーの買取価格は業者によっても異なりますが、現在の鉛の相場価格で決定されることになります。
自動車のバッテリーは一般のゴミと同じようには廃棄できなくて、不法投棄はNGとなっているため、自動車をたくさん扱っている運送会社やタクシー会社、自動車教習所、自動車整備工場、レンタカー会社、リース会社などでは、その廃棄にかなりの費用がかかってしまいます。
しかし、上手に自動車バッテリーの買取業者を利用すれば、これまで廃棄のために使っていた経費を0にできるだけではなく、プラスにすることができます。
バッテリー買取業者にとっては、一度にたくさんのバッテリーを買取するほど利益が大きくなりますので、溜め込んだ廃バッテリーがあれば今すぐに自動車バッテリー買取店に連絡することをおすすめします。

02初めてバッテリーの買取を利用する方に知っておいて欲しいこと

これまで車のバッテリーをお金をかけて処分していた方も少なくないと思いますが、実は本来の目的では使用できなくなった廃バッテリーでも買取してもらうことは可能です。その理由は、バッテリーの中には銅の他にもプラスチックなどが使用されていて、これらが資源原材料として再利用できるからです。特に商品先物に登録されている鉛には商品相場という価格が存在していて、それによって買取価格も変化し、相場が高い時期に買取に出すことでお得に廃バッテリーをお金に替えることが可能となっています。このように、今では使用できなくなった廃バッテリーが売れる時代となっていますが、それをまだ知らない方が多いのが現実で、特に資源不足が大きな問題となっているアジア諸国ではバッテリーの需要もかなり高くなっています。

初めてバッテリーの買取を利用する方に知っておいて欲しいこと

ガソリンスタンドや整備工場やディーラーなど車を取り扱いしている業者さんでは、常に数多くの廃バッテリーが工場などに溜まって処分に困っていると思いますが、個人の車好きの方で自分でバッテリー交換をしているなら、自宅の車庫に廃バッテリーを数多く溜め込んでいるかもしれませんが、それらは実は宝の山なのです。

03廃バッテリー買取に関することで良くある3つのお悩みを紹介

1.廃バッテリーを資源減材料としてリサイクル
使用できなくなったバッテリーが売れる理由は今の時代はいろいろなものがリサイクルされていて、バッテリーの中にも再利用可能な材料があるため、お金に替えることができるようになっています。
車に使用されているバッテリーの中には、鉛やプラスチックが使用されていて、資源減材料としてリサイクルすることができます。

2.バッテリーの買取価格が変わる
バッテリーの買取業者を利用している中には、同じ種類のバッテリーを同じ個数売却したのに、買取価格が違ったけどなぜ?という疑問を抱く方もいるようです。
実はバッテリーに使用されている鉛は、商品先物にも登録されていて、商品相場という価格が存在していることから、売却する時期によって買取価格にも違いが出てしまいます。
また、買取に出す業者によっても価格は異なるため、なるべく高くバッテリーを売りたい場合は業者選びと時期が大事になります。

3.前よりも買取価格が高くなっている?
廃バッテリーの買取歴が長い方の中には、以前よりも買取価格が高くなったと感じている方も少なくないようです。
バッテリーに使用されている鉛に商品相場があることが、以前よりも買取価格が高くなっている理由ですが、現在は資源不足が世界的な問題となっていることも、バッテリー価格の高騰に大きく影響しています。

04主なカーバッテリーの種類を紹介

バッテリー 買取 埼玉

車のエンジンにもいろいろな種類があるように、カーバッテリーにもさまざまなタイプがあり、主には、「開栓型」「ドライ」「メンテナンスフリー」「アイドリングストップ車用」「ハイブリッド車用補機バッテリー」の5つに分類することができます。
最も多くの車に使用されているのが「開栓型バッテリー」で、平均的な寿命は3〜5年となっていますが、長く使っていると内部に充填されているバッテリー液が蒸発により減っていくため、定期的に点検する必要があります。
「メンテナンスフリーバッテリー」は、その名の通りに点検が不要なことが一番の特徴で、気密性が高いことからバッテリー液の減りがほとんどありません。
「ドライバッテリー」は、レーシングカーに良く利用されていて、他のバッテリーと比べてかなり軽量なことが特徴ですが、価格が高価なことがデメリットとして挙げられます。
「アイドリングストップ車用バッテリー」は、名前の通りにアイドリングストップ車専用のバッテリーで、「ハイブリッド車用補機バッテリー」も同様に配備リッド車のためのバッテリーとなっています。
このように、車の機能や特徴に合わせていろいろなタイプのバッテリーが用意されています。

05埼玉から関東一円にバッテリーの回収を実施

埼玉に拠点を構え、東京、神奈川、千葉、茨城、栃木も廃バッテリーの出張買取のエリアになっています。
誰もが知る埼玉県は、お隣が東京であるため比較されることも多く「ダサいたま」などと呼ばれることもあり、あまり良い印象をもっていない人も多いと思います。しかし、埼玉県には意外に知られていない魅力もたくさんあります。
埼玉県には1位を名乗れるものも多く、あまり知られていないものだと、「市」の数が日本一となっています。市の数は40ヵ所ですが、市町村単位では63の自治体を抱え、第2位の愛知県が38ヵ所であることから、その多さが分かると思います。
埼玉で野菜が多く収穫されていることを知っている方は多いと思いますが、その中でも小松菜は全国1位、ねぎ、ほうれんそう、ブロッコリー、カブの生産量は全国2位を誇っています。
埼玉県は政令指定都市では唯一の海なし県ですが、実は県内を流れる川の数は日本一です。その中でも荒川は、日本一の川幅を有しています。
また、埼玉には国内最大級のショッピングモールも複数あって、ショッピング関連の観光スポットも多いため、ファミリーでのおでかけで困ることはありません。
そのほかにも、埼玉県には訪れて感動する場所がたくさんあります。

06車のバッテリーは使えなくても買取してもらえるの?

車のバッテリーは新品ならリサイクルショップなどで買取してもらえることは容易に想像がつくと思いますが、使用したバッテリーでも買取してもらえるの?という疑問を持つ方も少なくないようです。
実は、本来の目的として使用できなくなった使用済みのバッテリーでも、買取してくれる業者が存在します。
どうして廃バッテリーでも買取可能かと言えば、業者は引き取ったバッテリーの原材料である鉛を回収することを目的としているからです。再生可能な鉛には相場があって、バッテリーの買取価格もその相場に左右されることになります。

車のバッテリーは使えなくても買取してもらえるの?

古くなったバッテリーは、ガソリンスタントやディラーなどで交換してもらえば処分してもらえますが、車好きの方などは自分でバッテリー交換をするケースも多いと思います。
ただし、そうなると廃バッテリーを自力で処分しなくてはいけなくなり、車のバッテリーは一般のゴミとしては捨てられなく、自治体に回収してもらうこともできません。
処分するのに不用品回収業者などに依頼すると、高額な処分費用が発生してしまいます。そのようなときでも、廃バッテリーを専門に買取している業者を見つけられれば、処分費用を支払わないで、現金を手にすることができます。

07バッテリーの寿命に関することについての3つのポイント

01使用頻度によってバッテリーの寿命は変わる

一般的なカーバッテリーの寿命は2〜5年と言われていますが、車の使用頻度によってバッテリーの寿命は変わります。
普通に考えれば、使用頻度が少ないほど寿命は長くなると思いますが、バッテリーは使用した方が寿命は長くなります。
また、短い距離の走行を繰り返すことでも、寿命を縮めることになってしまいます。

02運転の仕方によってバッテリーの寿命は変わる

バッテリーをできるだけ長く持たせないなら、運転の仕方に注意しなくてはいけません。
頻繁に信号で停止しているとバッテリーの寿命を縮めてしまいます。ルームライトを頻繁に点灯させることもバッテリーには良くありません。夜間走行を続けることも寿命を縮める大きな原因になってしまいます。

03ヘッドライトの明るさでバッテリーの寿命が分かる

バッテリーの寿命は、ヘッドライトの明るさでもある程度判断できます。運転中は明るくても、車を停めたときに暗いなら、バッテリーの寿命が近いと判断できます。
また、走行中のライトの明るさと、信号待ちしているときの状況によっても寿命の近さを判断できます。
他にも、エンジンのかかり具合でも、そろそろ交換時期かどうかが分かるようになっています。

08バッテリーの買取をしてくれる業者の選び方とは

一般的なバッテリー買取業者とは異なり、廃バッテリーを買取する業者を選ぶときには第一に悪徳業者の存在に注意する必要があります。
もう使用できないバッテリーを買取できるのは、バッテリーに鉛などの再利用資源が含まれているからです。すなわち、必要な資源以外は不要になるため、不要になった廃材をどのように処理するかがポイントとなります。
バッテリー買取業者に限らず、不用品の買取や廃品回収をしている業者の中には、少なからず回収したゴミを不法投棄してしまうふとどき者がいます。そのような業者に間違って依頼してしまうと、最悪自依頼した側も罪に問われてしまうこともあります。
全てのバッテリー買取業者が、お客さんのことを考えて商売をしているわけではないことをまずはしっかり理解しておかなくてはいけません。
悪徳業者は言葉巧みに近づいてきますが、素性が良く分からないような業者とは取引はしないでください。どんな取引額が低いとしても、必ず取引先の所在を確認して、怪しいと思う場合は取引を中止してください。
しつこく取引を迫るような業者も怪しいです。少なくても、インターネットで検索して、ホームページを持っていないような業者とは取引はしない方が賢明です。

09買取に関することで良くある相談

買取に関することで良くある相談

お客様からよく寄せられる相談に、どうすれば良い買取業者を見分けられるかということがあります。
新品ではない廃バッテリーは、どんなに高くても買取価格に関してそれほど期待が持てないことから、どこに買取を依頼しても同じでしょうと考える方も少なくないようですが、基本的には絶対に悪徳業者だけは利用しないように気をつけなくてはいけません。
最近ではこの業界にも新規で参入する業者が増えてきているため、各社が顧客獲得のためにいろいろな方法を使ってサービスを提供していますが、悪徳業者も見かけ上は高額買取を謳って多くの顧客を獲得しようと必死になっています。
しかし、気が付けば買取価格を誤魔化されていたり騙されたりして、最悪は回収したバッテリーを不法投棄するような不届き者に存在しています。したがって、良い業者を見分ける前に、まずは悪徳業者を選ぶことを除外しなくてはいけません。
特に反社とは絶対に取引しないように気をつけなくてはいけません。悪徳業者との取引を防ぐためには、インターネットを活用するのがおすすめです。
まずはネット上に自社のWebサイトがあり、所在が明確になっているかを確認しましょう。その次に会社の評判をネットで検索して、悪い噂がなければほぼ安心して取り引きできます。

10買取に関することでよくある3つの質問

質問 なぜ他社よりも高額買取ができるの?
回答 いろいろな企業努力をすることで、高価買取を実現しています。
たとえば、出張買取を専門にすることにより、余計な作業量を増やさず買取価格に反映させることができます。
また、買取品目を最小限にすることでも、手間を増やさず同じような効果を出すことができます。
保管倉庫などを持たずに、経費を最小限に抑えていることも、高価買取を実現できている大きな理由です。
質問 買取価格がその都度変わる理由とは
回答 買取価格が変動する最大の理由は、廃バッテリーに含まれる鉛に商品相場が存在していて、それが常に変動しているからです。相場が下がれば買取価格も安くなり、上がれば高くなります。
私たちはバッテリーを本来の目的として使用するために買取しているのではなく、資源を再利用するために買取しているので、バッテリーの状態によって買取価格が変わることはありません。
質問 廃バッテリーの需要が高まっているのは本当ですか?
回答 はい。以前よりも廃バッテリーの需要はどんどん高まってきています。
日本以外にも成長が著しいアジア諸国では、資源不足が大きな問題となっています。
バッテリーには鉛やプラスチックなどの再利用可能な資源が含まれていて、特に鉛の資源争奪戦が日本国内でも繰り広げられています。この先も需要が低くなることは考えにくいです。

11買取業者選びの注意点

POINT 廃バッテリーの買取を行っている業者は、以前よりもかなり多くなっています。
バッテリーに限ったことではありませんが、買取価格には相場はありますが、全ての業者が相場価格で買取してくれるわけではありません。
中には相場の半分にも満たない価格を平気で提示してくるような業者もいますし、お金に替えられることを知りながら無料回収することを恩着せがましく伝えてお客さんを平気で騙しているような業者もいます。
それならまだ我慢できるという方も多いと思いますが、もう使用できない廃材ということを理由に、回収費用を徴収してダブルで儲けようとする悪徳業者も世の中には存在しています。
そのような業者の中には、反社会勢力とつながりがある、もしくは反社そのものである場合もあります。
コンプライアンスが重視されている現在では、知らないでそのような業者と取引していたでは済まされない場合も多く、罪にはならなくても社会的信用を失い、倒産や廃業に追い込まれてしまう場合もあります。
そのため、軽い気持ちで取引先を選ばないように注意しなくてはいけません。これまで取引していた業者の情報をきちんと把握していない場合も、この機会に調査してみることを推奨します。

12カーバッテリーの種類

バッテリーは、エンジンをかけたり、カーナビやエアコンなどを使用したりするためになくてはならない自動車の大事なパーツの1つですが、一般的な乗用車でも使用されているバッテリーには大きく分けると5つの種類があります。
その中で最も多く使用されているのが「開栓型バッテリー」で、中にバッテリー液が入っている一般的なタイプです。長く使用しているとバッテリー液が蒸発していくため、定期的な点検が必要です。
これに対してバッテリー液の減りがほとんどなく、点検を不要なのが「メンテナンスフリーバッテリー」です。最近の主流となっていて、高性能者やハイブリッド車、電気自動車によく搭載されています。
「ドライバッテリー」は、電極にバッテリー液が染み込むように充填され、セルごとに密閉されているおり、一般的な開栓型バッテリーと比較すると軽量でレーシングカーなどに利用されています。
最近ではアイドリングストップ機構を搭載した車が増えていますが、そこに搭載されているのが「アイドリングストップ車用バッテリー」です。
「ハイブリッド車用、補機バッテリー」は、その名の通りにハイブリッド車のためのバッテリーで、そこにはモーターを駆動させる「走行用バッテリー」と、「補機バッテリー」の2種類のバッテリーが搭載されています。

FAQ一覧

PageTop