使用不可のバッテリーはお金になるか|埼玉のバッテリー買取ならお任せ下さい。

廃バッテリー買取センター

FAQ

Q

使用できなくなったバッテリーが買取できるって本当?

質問 これまで節約のためにバッテリーの交換はカーショップで購入してきて自分で行っていて、交換した古いバッテリーは車庫の中に保管しています。
先日家に遊びに来てそれを見た友人から、古いバッテリーでもお金に換えることができると聞いたのですが、それは本当なのでしょうか?
バッテリーがお金になるということは、買取したバッテリーを再生するとうことで間違いないでしょうか?だとしたらその方法も知りたいです。
元々古くて使えなくなったバッテリーが溜まったら処分することを考えていたのですが、バッテリーを処分するとしたらどのような方法になるのでしょうか?普通のゴミに捨ててはいけないことは分かるのですが、粗大ごみとして引取りしてもらうことはできるのでしょうか?
いろいろ質問してしまいましたが、分かりやすいご回答を期待しています。

矢印

A

カーバッテリーは再々できる資源としてお金に換えられます

古くなったカーバッテリーをお金に換えられるというのは、その通りです。ただし、買取した業者がカーバッテリーとして再生されるという認識は間違っています。
専門業者は買取したバッテリーを資源として再販してお金に換えます。カーバッテリーの中には鉛などの再生資源が含まれているので、それを買い取っているのです。
したがって、ご自身でバッテリーを再生して使用することはできません。
バッテリーの処分方法についてですが、廃バッテリーを自力で処分することはおすすめできません。
バッテリーには人体に害を及ぼす物質を含んでいるため、素人が分解などをすることは非常に危険なことで、取り扱いには十分な注意が必要です。
バッテリーの電解液の主成分は希硫酸で、衣服を溶かし、皮膚に付着するとただれてしまう恐れもあります。間違って目に入ってしまうと、失明してしまう場合もあります。
もちろん、一般のゴミとして捨てることはできませんし、その辺に捨てる不法投棄になり罪に問われることになってしまいます。
バッテリーに関わらず、不法投棄をした場合は5年以下の懲役、または1,000万円以下の罰金は科されてしまいます。
バッテリーは専門業者の買取業者でお金に換えることができますし、まとまった数を所有しているということなので、処分するよりも鉛などの価値が高い今のうちに買取に出すことをおすすめします。

PageTop