バッテリー買取ブログ | 自動車バッテリーの出張買取専門&高価格の廃バッテリー買取センター

廃バッテリー買取センター
ブログ
2019年01月23日 [バッテリー処分 東京]

バッテリーをお得に処分する方法

自動車に使用されている多くの部品は消耗品で、車の原動力であるバッテリーはその中でも交換頻度が最も早い部類に入ります。
もちろん走行距離などにもよりますが、バッテリーを交換するタイミングは2〜3年が目安となっています。
交換のタイミングが良く分からないという方は、ガソリンスタンドやカー用品店で受けられるバッテリーチェックを利用するといいでしょう。
雪国などでは冬場に車に乗らない方も多いようですが、長く車を放置しておくと、バッテリーが上がってエンジンがかからないこともあるので、車に乗らない間はバッテリーを外しておくか、定期的にエンジンをかけてあげることをおすすめします。
バッテリーは一回でも上がってしまうと、機能が大きく低下してしまい、寿命も短くなります。
特に一度上がったバッテリーは、頻繁にバッテリーチェックを行いましょう。
エンジンのかかりが悪くなってきたり、室内灯の光が弱くなった場合も、バッテリーの交換時期の目安になります。
バッテリーをガソリンスタンドなどで交換すれば、古いバッテリーを処分してもらえますが、そこには有害な材料がたくさん使用されているため、一般のゴミとして廃棄することはできません。
不燃ゴミとしても資源ゴミとしても捨てることができなく、ほとんどの自治体でも回収を行っていません。
それならやはり、ガソリンスタンドやカー用品店などで高いお金を払ってでも交換してもらった方がいいと考える方もいるでしょうが、有害な材料を多く使用しているバッテリーには、再利用できる材料も使われていて、専門業者であれば買取もしてもらえます。
私も以前は自分でバッテリーを交換して、倉庫に大量のバッテリーが山積みとなって困っていましたが、友人からそれをまとめて出張買取してくれる業者が東京にあると聞いて問い合わせると、それから数日後にわざわざ遠くまで回収に来てくれて、正直買取価格には期待していませんでしたが、豪華なディナーを食べられるだけのお金を受け取ることができました!
今後も、バッテリーを交換して溜めるのが楽しみになりました!

バッテリーを無料で処分できると聞いて


これまで倉庫に溜め込んでいたバッテリーを無料で処分してくれる業者があると聞いて利用しましたが、まさかの買取店であることが分かりました。
さらにバッテリー以外の不用品を無料で回収してくれて、お金まで受け取ることができて、狐につままれたような気分になりました!


PageTop