バッテリーの買取だけで採算|自動車バッテリーの出張買取専門&高価格の廃バッテリー買取センター

廃バッテリー買取センター

質問

東京でバッテリーの買取を専門に行っている業者があると聞きました。バッテリーの買取だけで採算は取れるのですか?

車のバッテリーを複数抱えることになってしまい、売却先を検索していたところ、バッテリー買取専門業者の存在を知りました。
実際に買取をお願いしたところ、重量換算での明朗会計だったので私にとってはとてもありがたいお取引でした。ただ、これで業務が成り立つのかな?と思った次第です。
廃バッテリーですから転売もできないでしょうし、引き取られたバッテリーはどうなるのでしょうか?気になったので質問してみました。

回答

廃バッテリーは産業資源として鉛のリサイクルに回されます

日本の産業界・製造業界は元気です。景気にはいい時・悪い時の波がありますが、それでもタフに製造を続けています。ただ、新製品の投入にはその都度生産のための資源が必要です。その資源が減少しつつある場合や、入手が困難になった場合は代替となる素材の検討を始めなければなりません。
しかし、市井にはまだまだ利用可能な資源が埋もれています。そう、既に製品化されたものの中に含まれている金属などの素材です。これは都市鉱山と呼ばれることもあります。
多くの場合、産業廃棄物の中からリサイクルに回され再利用されています。廃バッテリーに含まれる鉛はその中でも比較的リサイクル認知度が高い資源です。買取専門業者でなくても、カーショップ、ディーラー、カー用品店などで回収に応じているところもあります。
しかし、鉛は本来、価値の高い金属です。無料回収もいいのですが、価値に応じた売却も選択肢の1つに入れておいて損はしないでしょう。
買取専門業者側も人件費・事務所維持費などコストの削減や他の商材の買取や売却を組み合わせることで運営を進めています。持ち込みや問い合わせなど、手間がかかると感じる場面もあるかもしれませんが、本来の価値に基づいた処分も検討してみてはいかがでしょうか。

PageTop