自分で交換した場合の処分方法|

廃バッテリー買取センター

質問

自動車のバッテリーが寿命のようですが、自分で交換した場合、処分はどうしたらいいですか?

最近、エンジンのかかりが悪いような気がして、ガソリンスタンドでバッテリーチェックを受けたところ、そろそろ交換時だといわれました。
自動車のバッテリーは2、3年しか持たないそうです。
仕方がないので、交換しようかと思うのですが、自分でDIYで十分にバッテリー交換できると知り、交換コストを省くためにも自分でやることにしました。
しかし、バッテリーは人体に有害な鉛や希硫酸を含んでいるため、廃棄や処分には気を付けないといけないとのことですが、東京都内での処分はどうしたらいいですか?

回答

廃棄バッテリーの下取り・引き取りもありますが、お得に買取してもえます

カー用品店やホームセンターなどでバッテリーを購入すると、下取りをしてくれたり無料で引き取りをしてくれるというサービスがあります。
簡単にバッテリーを処分することができるため心配はありません。
ただし、このサービスはバッテリーを購入することが大前提であり、なおかつ取り付け作業をその店舗に依頼しなけれならない、という条件がある場合もあります。
一方、回収したものを再生もしくはリサイクルさせることで買い取ることが可能です。
当社ではあらかじめ買取価格を表示していますので、安心してご依頼いただけます。
またバッテリー以外でも不用品の処分・フォークリフトの買取り・雑線やアルミ類の買取り・鉄くずを買取りなど、買取品目にないものでも積極的にお手伝いしています。
さらに買取特典として、液晶テレビ・パソコン・冷蔵庫・洗濯機などの通常処分に費用がかかるものを有価物といして10円で買い取りしています。
棄バッテリーの処分でお困りの場合は当社がサポートいたします。

PageTop